和歌山県海南市の職人のいる、ひな人形、五月人形専門店

作品紹介

   
   
 
   
   
 
   
   
 
   
   
 
   
   
 
   
   
 
   
   
 
   
   

人形作家のご紹介

  無形文化財技術伝承
石川 潤平

昭和26年/埼玉県に生まれる
昭和46年/父、初代潤平に師事
平成11年/ドイツヘッセン州立ハーナウ人形博物館に
     木目込人形寄付
平成12年/埼玉県立民族文化センターに木目込人形
     作成工程を寄付
平成13年/明治神宮に木目込人形「宮公」奉納
平成14年/おぼこ大将「枠目彩色」発表
平成15年/伝統工芸士に認定される
 
  創作人形作家
石川 佳正

昭和30年/埼玉県に生まれる
昭和46年/父、潤平に師事
     人形の他、彫刻、日本画、彩色を学ぶ
昭和62年/埼玉美術家協会正会員になる
平成2年/通商産業大臣表彰(全国第一位賞)
平成3年~多数受賞あり



 
  石川潤平工房
やすひろ
(三代目石川潤平)

昭和62年/埼玉県に生まれる
平成15年/初代 潤平に師事
平成16年/彫刻家 島田忠恵氏に学ぶ
平成17年/雛人形衣装着書目頭発表
平成18年/人形彫刻作家「磊(ライ)」に師事
平成19年/楽人形彫刻美術館展にて入選(頭部門)する
平成19年/楽テラコッタ展示会にて入選する
平成19年/木目込人形「三番叟」「翁」発表
平成19年/天神頭制作