和歌山県海南市の職人のいる、ひな人形、五月人形専門店

RSS

次は男の子の番です。

カテゴリ : 日々のこと
ひな祭りが終わって間もないですが、人形屋はすでに五月人形の準備万端です。
当店では主に、美術工芸甲冑作家 力石甲人(ちからいしこうじん)作の鎧兜、人形作家 石川潤平のおぼこ大将、石川佳正の人形を中心に取り揃えております。どの作品も通常とは一味違う逸品ですので、ぜひ一度ご覧になってください。

3月10日折込予定の新聞チラシ、一足先にどうぞ。

2017-03-07 18:28:38

新聞折り込みチラシ

カテゴリ : 日々のこと
本日1月6日に新聞折り込みチラシが配布されました。
毎年多くのお客様のお宅に飾り付けにお伺いする中で、生活空間の「こんなところに飾るのもいいな」といった発見や、「ここに飾るのはどうですか?」といった提案をさせて頂いたりします。
今回のチラシは、そんな経験から得た雛人形の飾り方の提案に焦点を当てて作りました。 人形の細かな表情などは確認しずらいかもしれませんが、その辺は是非実物をご覧になってください。雛人形に対する新しい発見があると思います。
2017-01-06 11:46:45

立ち雛の紹介

カテゴリ : 作品紹介
おひなさまといえば、行儀よく座っているイメージがありますが、立ち雛といわれるものもございます。  以前は、大きいことはいいことだ!といった感じで、部屋いっぱいのサイズのおひなさまを選ばれる方が多くいらっしゃいました。最近は、かなり様変わりしていて、飾る場所にあったサイズを選ばれる方がほとんどです。    長い目で見て、おひなさまを「楽しむ」「飾る」ことを考えれば、無理のないサイズというのもすごく大切で、当店でも大きすぎないおひなさまをオススメしています。
 そこで、写真の立ち雛たちはコンパクトに飾れ、小さいことから生まれる愛らしさに溢れた作品、オススメです。


2016-12-19 18:01:12

ひな人形の仕込み完了

カテゴリ : 職人仕事
今、石川潤平工房の仕事で、主にさせて頂いているのは木目込み人形の素胴づくり。素胴とは、裂地を木目込む胴の最初の段階。素胴にあるバリや泡を直して、裂地を埋め込む溝を掘り、その溝に衣装を木目込んで行きます。
この素胴を石川潤平工房に送り、それぞれの職人の手を経て最終的に潤平先生本人が仕上げた人形が、当店へと帰ってきます。



2016-12-17 15:58:26

サンサンタウン歳末大売出し 始まりました

カテゴリ : 日々のこと
 毎年恒例のサンサンタウン歳末大売出しが始まりました。
本日16日より20日までとなっております。  例年当店のお客様が、抽選帰りに抱えきれない当選品を持って帰られるのを微笑ましく見送っております。この機会に是非のご来店お待ちしております。


2016-12-16 16:14:59

店舗情報

 
人形の西岡

■住所
和歌山県海南市日方1521-4
TEL 073-483-1009
FAX 073-483-1009

■営業時間
AM10:00~PM6:30

■定休日
なし
11月~4月末まで休まず営業しております。
(12月31日・1月1日を除く)

facebook